理事長挨拶 [miyabi's word]


過去の放送
12345

ゴォォォォォォォ

【みやび】

も〜えろよもえろ〜よ〜♪
ちっからのか〜ぎ〜り〜♪

ゴォォォォォォォ

【みやび】
お〜、梅雨時だというのによく燃えるなぁ。
さすがドラム缶

スタスタスタ

【リーダ】
御嬢様、こちらでしたか

【みやび】
ん? リーダ。いいところに来たな。
そろそろイモが焼けるぞ

【リーダ】
芋?

【みやび】
んむ。何でも焚き火をする時にはイモを焼くのが常識らしい。
料理長がくれた

【リーダ】
左様でございますか。
しかし御嬢様、焚き火などしていてよろしいのですか?
今週分の放送がまだでございますが

【みやび】
ああ、あれな。10通も来なかったから大丈夫だ。
2、3通選んで答えるだけだろう?

【リーダ】
10通? そんな筈は

【みやび】
そうか? 10通ほどしかなかったが

【リーダ】
いえ、昨日私が確認した時には30通ほど来ていた筈ですが

【みやび】
ふぅん。だが10通なのは本当だぞ。ホラ

 バサッ

【リーダ】
いちにいさん……。
おや、本当ですね。10通しか――――

ゴォォォォォォォ

【みやび】
なっ? 本当だろう?

ガサガサ

【みやび】
おほ♪ なんかイモのいい匂いがしてきた!
そろそろ食べられそうだ!!

ゴォォォォォォォ

【リーダ】
………ま、まさかっ

【みやび】
リーダ、焼けたみたいだから食べるぞ!

ゴォォォォォォォ

ガサガサ

【みやび】
おおっ、焼けてるー!! 
ほらリーダ!!

【リーダ】
お、御嬢様、つかぬ事をお聞きしますが

【みやび】
ほま? はむへら?

【リーダ】
食べるか答えるかどちらかにしてください!

【みやび】
ごくん。……で、なんだ?

【リーダ】
あのぅ、ここで、な、何を燃やしておられるのかなーって

【みやび】
………………

ゴォォォォォォォ

【みやび】
ほもれもへめもろむ。もむ

【リーダ】
誤魔化さないでくださいっ!!

【みやび】
ゴミを燃やしているだけだ

ゴォォォォォォォ

【リーダ】
ああぁぁぁ…………も、燃えてる…………

【みやび】
リーダも食え。食ったら放送を始めるぞ

【リーダ】
…………い、いただきます

【みやび】
元気ないぞリーダ。どうした?

【リーダ】
いえ、少し頭痛が

【みやび】
それは大変だ。これが終わったらすぐ休め

【リーダ】
あ、ありがとうございます

………………
…………
……

ぱっぱらっぱらっぱっぱ〜♪

【みやび】
みやびと!

【リーダ】
……リーダの

【みやび】
教えて人生相談!

どんどんどんどんぱふぱふぱふ

【みやび】
……本当にどうしたリーダ。テンション低いぞ

【リーダ】
少し職場に悩みが

【みやび】
ふむ。なんかよく解らんが早速いこう。
まずはこれだ。長野県の『草薙静流』とやらからの便りだ

『とりあえず相談ですが
ウチの職場の店長が全く働かないのですが
どうすればよいのでしょうか?
同じトップに立っているみやび様の
ご意見を拝聴したいなあとw

P.S 理事長(代理)って生えてます?(何』

ゴォォォォォォォォ

【リーダ】
御嬢様っ!! 
いきなり燃やさないでください!!

【みやび】
だ、だって!!

【リーダ】
だってじゃありません!!
前半は比較的まともな事が書いてあるじゃないですか!!

【みやび】
後半の下劣さで何もかも台無しだ!!
次、次々っ!!

【リーダ】
せめて前半の部分にだけでも何か一言

【みやび】
……しょうがないぁ。
そもそもだな、何故そういう店長を蹴落としていないのかが謎だ。
現状に我慢できているなら相談なんかしてくるな!!
まず蹴落とそうと試せ! 相談はその後だ!!

【リーダ】
ああっ、そんな前提を覆すような事を平気で……

【みやび】
良いんだ。軟弱者に用はない。日本男児が本気で事にあたり、
それでなお乗り越えられぬ悩みこそがこの場に相応しいのだ

【リーダ】
……次、行きましょうか

【みやび】
んむ。では次はこれだ。
千葉県の『みやび様の下僕517号』からの便りだ

『ぷりちーで胸が大きいみやび様こんばんは。
実は私は、いい年をしてピーマンが食べられないという
悩みをもっております。
若くして理事長(代理)という重責をこなすみやび様は、
すでに食べ物の好き嫌いなど
全て克服していらっしゃるでしょうから、
是非ともアドバイスをくださいますようお願いいたします』

【みやび】
これだ。これこそが日本男児、侍にあるべき質問だ。
やれば出来るじゃないか!

パンパン

【リーダ】
……これがですか?

【みやび】
そうとも。人間生きるためには食わねばならん。
そこに突き刺さる1本のトゲ、それが好き嫌いだ!
人類の敵と言ってもいいだろう!!

【リーダ】
単に御自分の好き嫌いを正当化しようとしているだけでは?

【みやび】
そっ、そんな事はないぞっ!? そんなことはっ!!

【リーダ】
じゃあ今晩セロリとソラマメを出しますよ?

【みやび】
うわぁぁぁっ、やっ、やめろぅ!
リーダ、それはあまりに酷い仕打ちだぞ!!

【リーダ】
嫌でしたら何か一言

【みやび】
……料理をする人間とはコミュニケーションを欠かさず、
良好な関係を保て。
そしてピーマンが嫌いだという事は忘れずに伝えておく事。
以上だ

【リーダ】
それでは何も解決にならないじゃないですか

【みやび】
いくらあたしでも無理なものは無理なんだよっ!

【リーダ】
……潔い事で

【みやび】
次いくぞ、次っ!!

【リーダ】
次のお便りは東京都の『ツキジデス』様からいただきました

『みやび理事長、お忙しいところを宸襟をお騒がせして
申し訳ありません。
私の悩みは、私の女性の「好み」についてなのです。
周りの男性は癒し系がいいとか、スタイルがいいとか、
優しい人がいいとか言っているのに、
私の好みは……
高飛車で見た目がチャイルドでスタイルがまっぺたで
性格が激甚で一日一回は罵倒などしてくれる女性 が
好みなのです。
このことを人に話すと引かれてしまいます。
やはりこの好みは心にしまっておいて、
一生隠れて生きるべきなのでしょうか』

【リーダ】
何か、妙にピンポイントな執着の感じられる手紙ですが

【みやび】
燃やそう

ポイッ

ゴォォォォォォォォ

【リーダ】
ああっ、またそんな事を!

【みやび】
こんなもの、答えなんか解りきってるだろう。
コソコソするぐらいなら好きになるな根性なし!

【リーダ】
……そ、それはそうですが…………

【みやび】
こういうのを甘やかしているから、
いつまでも日本の若者に大和魂が育たんのだ。
日本男児の宝、武士道精神はどこへ消えた!
政府の担当者を呼べ! あいつらなにサボってるんだ!!

………………
…………
……

【みやび】
まあ、今回はこの辺で勘弁してやろう

【リーダ】
御嬢様どちらへ? まだ放送は終わっておりませんが

【みやび】
後は任せた。あたしはちょっと用事がある

タッタッタッタッタ………

【リーダ】
行ってしまわれた……。
用事ってまた『1ヶ月で3センチアップ!』っていうアレでしょうか……

パラリ

【リーダ】
あら、燃えカスが……。
御嬢様は一体何を燃やして……って、 ああっ!? やっぱり!!

バッ

【リーダ】
も、申し訳ありません。
愛知県の『なるなゆ』様を始め、
御嬢様の体形に関わるご質問をされた皆様。
皆様の御質問はこの焼き芋へと変わってしまいました。

御嬢様には私からきつく申し付けておきますので、
どうか平にご容赦をっ!

パクッ

【リーダ】
なお、このお芋は私が責任を持って食べさせていただきます。

【リーダ】
……ん? 美味しい! 
料理長にどこのお芋か聞いておかなくては

もぐもぐ

【リーダ】
あ、あらいけない、まだ放送中でしたね。
放送は風祭みやびとその専属メイドのリーダがお送りいたしました。
引き続き相談を受け付けておりますので、どしどし御応募ください。
それでは皆様、いずれまたお会いいたしましょう。

【リーダ】
……それにしても本当に美味しいですね、このお芋♪

ぷつんっ

ぷーぷーぷー


不定期連載『みやびとリーダの 教えて人生相談!』
投稿フォーム

投稿フォームの受付は終了いたしました。
これまでたくさんのご相談を頂き、誠にありがとうございました。
頂きましたメールは、焼き芋にしておいしく……

ゴホン、ゴホン!

大切に保管させて頂いております。
ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました!
 


過去の放送
12345



戻る[back]

© PULLTOP All rights reserved.