理事長挨拶 [miyabi's word]


過去の放送
12345

【みやび】
ほー、こんなもん商品化したいのか。
まあ、あたしは可愛いからなぁ。
立体化の話が来ても驚くには値しないが……

【リーダ】
御嬢様、何をなさっているのですか?

【みやび】
おお、リーダ。
いいところに来た

バサ

【リーダ】
何ですか? それは

【みやび】
うむ、なんでも版権申請の書類らしい

【リーダ】
版権?

【みやび】
うむ。あたしの着ているこの制服とか、
あたし達の人形を作って売り捌こうという
マメな連中がいるらしくてな

【リーダ】
どれどれ……、
『夏コミコスプレ用衣装、
凰華女学院制服・風祭みやびちゃん仕様』。
あらまあ、本当ですねぇ

【みやび】
ちなみにそれは却下した

【リーダ】
何故ですか? 
別に良いじゃありませんか

【みやび】
問題はその付属物だ

【リーダ】
付属物?

【みやび】
甚だ不愉快だ

【リーダ】
何ですか、このみかん箱――――って、
これいつも御嬢様が演説の時に使っている奴じゃ……

【みやび】
うわわわっ! みなまで言うなっ!!

【リーダ】
もしかして、
この箱も同時に申請されてるから却下なのですか?

【みやび】
…………

【リーダ】
まったく大人げない……

【みやび】
ダメなものはダメだ!

【リーダ】
………まあ、良いですけどね。
そうそう御嬢様、また相談のお手紙が来ていますが

【みやび】
ん? なんだっけ?

【リーダ】
ほら、放送でやってる人生相談の

【みやび】
ああ、そうかそうか。そんなのもあったな。
よし、面倒だから先にそれを片付けよう

【リーダ】
はい。それでは失礼しまして

ぱっぱらっぱらっぱっぱ〜♪

【みやび】
みやびと!

【リーダ】
リーダの!

【2人で】
おしえて人生相談!

どんどんどんどんぱふぱふぱふ

【みやび】
………前回放送は、かれこれひと月前になるか

【リーダ】
はい。その間にも続々と相談のお便りが届いております

【みやび】
……そもそも他人に相談しないと 問題を解決できない
腑抜けには用はないんだがな

【リーダ】
何ですか?

【みやび】
いや、別に

【リーダ】
今回はお便りの数が多かったので、
私が事前に5枚選抜しておきました

【みやび】
おお、気が利くじゃないか

【リーダ】
……本当は御嬢様に燃やされないようにする為なんですけれどね

【みやび】
何だ?

【リーダ】
いいえ、なんでもありません

【みやび】
では早速いこう

【リーダ】
1枚目は、東京都にお住まいの『にしひ』様からのご相談です

『お美しいお二人に質問です。
先日、職場の女性と二人で食事する機会があったのです。
その女性は、
付き合っていた男性と別れて一年ほど経つのですが、
どうやらその元彼とも頻繁に
二人きりで食事をしているようなのです。
彼女の話を聞いていても、元彼とはいい関係のようですし、
彼女のことが気になっている私としては、
彼女がこのままよりを戻してしまわないか心配です。
実際、女性が一度別れた男性と再び付き合うことは
有り得るのでしょうか。』

【みやび】
…………

【リーダ】
御嬢様、どうしました?

【みやび】
相談の意味が解らない

【リーダ】
いや、それは女性に残り気というか、
未練があるようなのでどうしたら良いか
というご相談なのでは?

【みやび】
それは解るんだが、何故それが問題なんだ?

【リーダ】
は?

【みやび】
例えばだな、仮にその女は未練どころか既に男がいるとしよう。
『にしひ』とやら、お前はそうだとしたら諦めるのか? 
そうではあるまい?
日本男児とあらば女の1人や2人奪い取る気構えがあるはずだ!

バンバン

【リーダ】
御嬢様、それはあまりに……

【みやび】
それなのにどうして未練について質問をしてくる?
根本の所でお前は間違っているのだ!
しっかりしろ! 寝惚けとんのか!?

【リーダ】
ま、間違っているのは御嬢様では……

【みやび】
いーや、これはコイツが悪い。
復縁する可能性があるだけで諦められるような相手なら、
すぐに忘れてしまえ。
そして悩む時間をあたしの為に使え。
弾除けぐらいには使ってやる

【リーダ】
あ、あの、私は未練で復縁するってあると思いますっ!
でも、そういう時は気持ちが不安定に揺れているような気がするので、
真っ直ぐにぶつかって強い意思を示すと効果的だと思いますっ

【みやび】
こいつにそんなフォローはいらん。
ただ、前のめりに死ねと言ってやればいい

【リーダ】
……だそうです。
『にしひ』様、どうかお気を落とさずに頑張って下さい

【みやび】
次いくぞ次

【リーダ】
はい。2枚目は群馬県の『おすぎ』様からの御相談です

『はじめまして、みやび様。
みやび様はどこかの神様に性格も可愛さも似てて、
とても大好きです。
さて、相談です。もうすぐ東京の方で大きな祭りがあって、
そこで色々と買うのですが、少し資金が足りなそうです。
どうすればいいでしょう?』

【みやび】
あたしが似たんじゃない。その神様とやらがあたしに似ているのだ。
グレイテストワンのこのあたしが
何かに似ているだなんて事はありえんのだ!
そこの所が解らないような奴に、
あたしの下僕の資格はない! 帰れ!!

【リーダ】
御嬢様っ!!

【みやび】
リーダ、次

【リーダ】
御嬢様、お願いですからきちんとご相談にも答えてさしあげてください

【みやび】
…………しょうがないなぁ……。
リーダ、こやつに臓器売買のシンジケートを紹介してやれ。
腎臓の1個も売れば祭とやらの足しになるだろう

【リーダ】
そんなに似ているって言われたのがショックだったんですか?

【みやび】
うるさい! あたしは誰にも似ていない!!

【リーダ】
……次、行きましょうか

【みやび】
甚だ不愉快だ

【リーダ】
次は兵庫県にお住まいの『県下上等』様からの御相談です

『こんにちは代理、唐突ですが俺は不良です、
ですが友達にはとても言えない趣味を持っています。
同じ趣味を持った友人も欲しいのですが
現在の仲間と敵対する関係らしく
友好的になれるとは思いません。
なんとか両方と友好関係を結ぶ事はできないのでしょうか?』

【みやび】
おおっ! これは噂の『夜露死苦』君か!?

【リーダ】
何ですか、それ?

【みやび】
なんでも中学高校大学生、場合によっては社会人で構成された
旧態然とした社交・自己啓発サークルに所属している人間を
『不良』、あるいは『夜露死苦』君というらしい

【リーダ】
社交・自己啓発サークルですか。
それは一体どういった活動を?

【みやび】
相沢が言うにはどうやら地域密着型の活動らしくてな。
同じ衣装を着て、わざと喋りにくい独特の方言を使って、
いつも同じ場所に集合して友好を深めているらしい

【リーダ】
へぇ……。奉仕活動でもなさっているんでしょうかね?

【みやび】
そこまでは解らん。
ただ、サークルごとに抗争が激しいらしくてな

【リーダ】
そういえば社交界では
風祭も鷹月とは微妙に仲が悪いですものねぇ……

【みやび】
何処も同じという訳だな

【リーダ】
すると、この相談はロミオとジュリエットという事でしょうか?

【みやび】
言い得て妙だが、あたしはその通りだと思う。
敵対するサークルと友好を結びたい訳だからな

【リーダ】
………裏切り者とか罵られそうですね?

【みやび】
一族の面汚しとかな

【リーダ】
するとやっぱりジュリエットのように、
死んだフリで片方のサークルから抜けるしかないのでしょうか?

【みやび】
いや、男らしい良い方法があるぞ

【リーダ】
なんですか?

【みやび】
簡単だ。
所属する夜露死苦サークルを支配すれば良い。
サークル内でのし上がり、トップを取るんだ。
そして誰も反論できないほど徹底的な支配者になれ。
さすれば何処と仲良くしようと文句は言われん

【リーダ】
でもそれは時間がかかりそうですね?

【みやび】
そういう男らしい真っ向勝負が嫌なら、女々しくジュリエット方式だろうな

【リーダ】
という事だそうなので
『県下上等』様、無理をしないように頑張って下さい

【みやび】
次いこう

【リーダ】
4枚目のお便りは、千葉県にお住まいの『紙製テトラポット』様からのご相談です

『リーダ様、こんばんは。
メイドのプロであるリーダ様にお聞きしたいことがあり
相談を送らせていただきました。
近頃、上司が言う事だけを言ってこちらの言うことを
前にも増して聞いてくれなくて困っています。
リーダ様は普段、話を聞かない上司の耳をこちらに向かせる為に
どのような方法を行っているのでしょうか?』

【みやび】
リーダ、任せる

【リーダ】
ええと……気長に説得、ですかね

【みやび】
……どうだかな。 『紙製テトラポット』とやら、
リーダにこの手の質問をするのは無駄だぞ

【リーダ】
どうしてですか?

【みやび】
どうしてもこうしてもあるか。
リーダはいつも優しいけど、怒ると怖いんだ。
それで無理矢理他人に言う事を聞かせるぞ

【リーダ】
そ、そんな人を鬼みたいに……

【みやび】
鬼じゃないか

【リーダ】
な・ん・で・す・っ・て?

【みやび】
わ、悪かった! リーダ! 
悪かった!!
リーダは女神! 聖母! 優しくてしっかりもの!
みんなが尊敬してるからリーダの言う事を聞くんだ!
ウン! そのとおり!!

【リーダ】
まあ、御嬢様ったら♪

【みやび】
……解ったかな? 『紙製テトラポット』とやら

【リーダ】
それでは次に参りましょう

【みやび】
静かなる核弾頭には誰も逆らえないのだ

【リーダ】
何か?

【みやび】
い、いや、なんでも

【リーダ】
最後の5通目のご相談は、群馬県の『邪妖精』様からです

『天上天下に並ぶものなく、麗しく気高くチョッピリ棘ある、
一輪の華みやび様。
取るに足らない悩みで御座いますがよろしくお願いします。
実は清楚でいて、大人の魅力に溢れたリーリアさんに
一目惚れしてしまったのです。
彼女のハートを射止めるプレゼントは
どのような物が良いのでしょうか?
みやび様の好みは子供っぽいと思うので、
出来ればリーリアさんに直接聞いていただけると嬉しいです。』

【みやび】
馬鹿かお前は! 
さっきの話を聞いてなかったのか!?

【リーダ】
御嬢様、手紙にそんな文句を言っても……

【みやび】
ぬぅ……ともかく悪い事は言わん。リーダだけはやめておけ

【リーダ】
あら、何故ですか?

【みやび】
な、何故って、そ、その、あのだな、そうだ!
リーダが居ないとあたしの生活が成り立たないんだ! うん! 
リーダのハートを射止められては困るなぁ!

【リーダ】
ふふ、御嬢様ったら

【みやび】
アハ、あはははははははっ

【リーダ】
ちなみに私は真心の篭ったプレゼントであれば、なんでも構いません

【みやび】
まあ、アレだ。
真面目な話、
こんな相談の手紙を出しているうちは駄目だぞ

【リーダ】
御嬢様?

【みやび】
何も関係の無い状態から
モノだけで感心を引こうなんて考えている内は、
そこに真心なんて篭らん!
真心の篭ったプレゼントなんていうのは、
あくまで仲良くなってからの話なのだ!!
……要するに、問題外という事だな

【リーダ】
確かに、言われてみればそういう事もあるかもしれません

【みやび】
だ、そうだ。
残念だったな

【リーダ】
申し訳ありません、『邪妖精』様

【みやび】
……でも良かったな、命が助かって

………………

…………

……

【みやび】
今日はこの辺で終わろう。あたしは仕事があるんでな

【リーダ】
仕事?

【みやび】
企画書を書くんだ

【リーダ】
企画書? 何か始めるんですか?

【みやび】
うむ。
さっきの申請書類を見て考えたんだが、
あたしもグッズ展開をしようかと思っている

【リーダ】
グッズ?

【みやび】
さし当たって下僕どもに評判の
みやび印のドラム缶を限定生産しようと考えている
*PULLTOP注:生産の予定はありません。

【リーダ】
……そんなもの売れるんですか?

【みやび】
買わせる

【リーダ】
そ、それは…………

【みやび】
良かったな、お前達。冬頃にはドラム缶だぞ♪
……という事で、版権管理の方はリーダがやっといて

【リーダ】
は、はぁ……。それでは

ガサガサ ゴソゴソ

【リーダ】
あれ?

【みやび】
どうした?

【リーダ】
御嬢様、この8分の1フィギュアの版権申請、
何故御嬢様の分だけ許可を出していないんですか?

【みやび】
ふ、深い意味はないぞ、うん! 
気にせず手付かずのものをやってくれリーダ!

【リーダ】
はぁ……。って、なんだ許可出してるじゃありませんか。
『フル可動風祭みやびエクセレントモデル・武器セット付き 
ノンスケール(実寸1/7)』
御自分のばっかりフル可動なんですね?

【みやび】
い、良いだろ別に! 早く先に進めろリーダ!!

【リーダ】
ん? 『ノンスケール(実寸1/7)』?

【みやび】
ぎくっ!
あ、あたしは喉が渇いたからちょっと食堂まで行ってくる!
後は任せたぞリーダ!!

タタタタタ ギッ、バタン

【リーダ】
ええと7分の1っていうと、
ひのふのみ。8分の1よりは遥かに大きい!?

タタタタタ

【リーダ】
御嬢様っ! 御嬢様お待ちくださいっ!!
流石にこれは職権を乱用しすぎです!! 御嬢様っ!!

ギッ、バタン

【リーダ】

『御嬢様ーー!!
自分だけサイズを変えて背を高く見せようなんて、
情けないにも程があります!!』

【みやび】

『だ、だってー!!』

ぷつんっ

ぷーぷーぷー



不定期連載『みやびとリーダの 教えて人生相談!』
投稿フォーム

投稿フォームの受付は終了いたしました。
これまでたくさんのご相談を頂き、誠にありがとうございました。
頂きましたメールは、焼き芋にしておいしく……

ゴホン、ゴホン!

大切に保管させて頂いております。
ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました!
 


過去の放送
12345



戻る[back]

© PULLTOP All rights reserved.